かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

ものが見えにくい

ものが見えにくい・視野が欠ける

急な症状の出現では注意が必要です

急な症状の出現では注意が必要です

「ものが見えにくい」「視野が欠ける」「片方の目が見えなくなった」などの症状が急に現れた時は、そのまま様子をみずにすぐに吹田市・岸辺駅のかわかみ内科へご連絡ください。
視力障害があった時、多くの方は眼科へ相談されると思いますが、症状の奥に脳の病気が隠れていることもあります。

脳梗塞によりこうした症状が現れることがあり、特に「急に片方の目が見えなくなった」という場合には、脳の病気を疑う必要がありますので、できるだけお早めに脳神経内科へご相談ください。

様子見は禁物です

急に手足が痺れたり、ろれつが回らなくなったりするなどの重い症状の場合、多くの方は急いで脳神経内科を受診したり、救急車を呼んだりするでしょうが、「ものが見えにくい」「視野が欠ける」といった症状は様子見される方が多いと言えます。

ですが、ものが見えにくい・視野が欠けるといった症状でも、手足の痺れ・ろれつが回らないなどの症状と同様に、脳梗塞などの怖い症状が隠れている場合があります。
さらにこうした病気は時間との勝負になり、様子を見たばかりに健康を脅かされてしまうこともありますので、様子見はせずにすぐに当院へご相談ください。

こんな症状がある時は
すぐにご連絡ください

  • 急にものが見えづらくなった
  • 視野が半分欠けている
  • 片方の目が一時的に見えなくなった
  • 片方の目にもやがかかっている
  • 片方の目が見えづらく、ものにぶつかったりする
  • ものが二重に見える

など

このような異変をお感じの時は、様子見せずにお早めに吹田市・岸辺駅のかわかみ内科へご連絡ください。

脳梗塞の早期発見のために

すぐにMRI検査が受けられる環境にあります

急にものが見えにくい・視野が欠けるなどの症状がある場合、脳梗塞などの脳卒中が考えられますが、早期発見・診断し、すぐに適切な治療へ繋げるためにも、当院では必要な患者様へMRI検査をご紹介しております。
当院からすぐの健都クリニックモール検診センターでMRI検査が受けられ、脳梗塞の早期発見・診断、そして迅速な治療へと繋がる環境が整っておりますので、症状をお感じの際はそのままにせず、すぐに当院へご連絡ください。

オフィシャルサイトはこちら 病院なび

お気軽にご予約
お問い合わせください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ