かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

手足の痺れ・脱力

手足が痺れる・急に力が入らなくなった

急に症状が現れたらすぐにご連絡を

急に症状が現れたらすぐにご連絡を

急に手足が痺れたり、力が入らなくなったりした場合、脳の病気が原因で症状が現れている恐れがあります。
手足の痺れの原因として脊髄や末梢神経の異常が挙げられますが、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害から起こることもあり、身体の片側で痺れが起こるような時には注意が必要です。
決してそのままにせずに、お早めに吹田市・岸辺駅のかわかみ内科へご連絡ください。

痺れの原因

脳血管障害

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で、手足の痺れ・脱力が起こることがあります。
脳は左右に分かれており、右脳は左半身、左脳は右半身の感覚を支配していることから、身体の左右どちらかで痺れ・脱力がある場合、脳血管障害が起こっている可能性が高いと言えます。

変形性頸椎症・変形性腰椎症

加齢などが原因で首の骨や腰の骨が変形してしまう病気で、神経根を圧迫・刺激することで、痺れや脱力などの症状を起こします。

頸椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア

頸椎・腰椎の骨の間にある椎間板が何らかの要因で飛び出し、脊髄や神経根を圧迫・刺激することで、痺れや脱力などの症状を起こします。

手根管症候群

手首を酷使することで手根管内の神経が圧迫されて、手の痺れや痛みなどの症状を起こします。

手足の痺れ・脱力がある時はかわかみ内科へ

通常、翌日までに診断可能

手足の痺れ・脱力の原因で多いのは変形性頸椎症や変形性腰椎症ですが、当院ではすぐにMRI検査がご紹介できる環境にあるため、通常、翌日までに診断することが可能です。
症状があって不安な場合でも、きちんと診断がつくことで安心に繋がるケースもありますので、すぐに診てもらいたいという方はお気軽に当院へご相談ください。

急な症状の時は迷わずご相談を

これまで何も症状がなかったのに、急に右手の力が抜けて「これはおかしい」と思い、インターネットでお調べになられて脳血管障害の可能性を感じ、すぐに当院へご相談いただいたケースがあります。
当院でもお話をおうかがいして、脳梗塞や脳出血が疑われるため、すぐにMRI検査をご紹介したところ脳梗塞が発見されました。

幸いにもこれは早期に発見できたケースですが、例えば患者様が「本当にクリニックへ行くべきだろうか?」と迷われたり、内科などの他科を受信されたりした場合、このような迅速な検査・診断には繋がらなかった可能性があります。
その結果、その方の健康を脅かしていた可能性もあるでしょう。

そうした事態を回避するためにも、急な症状がある時は迷わずに脳神経内科へご連絡ください。
脳梗塞などの脳血管障害は“時間”が非常に大事で、発見・診断・治療開始までにかかる時間が短ければ短いほど、その後の良い結果に繋がると言えます。
少しのためらい・迷いがその後の生活を大きく左右することがありますので、“迷ったら受診する”とお考えになられてすぐに当院へご連絡ください。

オフィシャルサイトはこちら 病院なび

お気軽にご予約
お問い合わせください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ