かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

ろれつが回らない

ろれつが回らない・喋りにくい

失語症と構音障害

「ろれつが回らない」「喋りにくい」などの症状がある場合、主な“失語症”と“構音障害”という状態が考えられます。

失語症

自分の考えを言葉で表現できなくなったり、違う言葉をしゃべってしまったりする状態のことで、通常、左大脳半球の言語領域の損傷で起こります。
また言葉の問題だけでなく、右半身の麻痺をともなうことも多いです。

構音障害

舌の麻痺や唇の歪みなどにより話しにくくなる状態で、嚥下障害をともなうこともあります。

脳の病気でもこうした症状が起こります

失語症や構音障害などの症状は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で起こる場合があります。
特に急に症状が現れた場合には脳血管障害のリスクが高く、また糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は危険因子となりますので、そうした方でろれつが回らない・喋りにくいなどの症状があれば、すぐに吹田市・岸辺駅のかわかみ内科へご連絡ください。

パーキンソン病の可能性も

パーキンソン病の可能性も

ろれつが回らない・喋りにくいといった症状が急に現れた場合、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害の可能性が高いのですが、徐々に症状が進行していくような場合には、パーキンソン病も考えられます。
パーキンソン病ではほかにも震え、歩きにくさ、動作の遅さ、身体のこわばりなどの症状が起こるため、こうした症状がある場合にはお早めに当院へご相談ください。

当院の脳神経内科ではパーキンソン病を中心とした神経変性疾患に力を入れていて、院長はパーキンソン病に対する豊富な経験がありますので、適切な専門機関で検査・診断を受けた後、継続的な治療を行わせていただきます。

パーキンソン病について詳しくはこちら

急にろれつが回らなくなった時は

脳梗塞・脳出血の可能性が濃厚です

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が疑われる症状は様々ですが、「急にろれつが回らなくなった」という時には脳梗塞・脳出血の可能性が濃厚です。
決して様子をみるべきではなく、すぐに当院へご連絡ください。

迅速にMRI検査に繋げます

迅速にMRI検査に繋げます

急にろれつが回らなくなったなどの症状がある時、すぐにMRI検査を受ける必要があります。
当院からすぐのところに“健都クリニックモール検診センター”という施設があり、こちらをご紹介して迅速にMRI検査に繋げることができ、スピーディに脳梗塞・脳出血を検査・診断することが可能です。

オフィシャルサイトはこちら 病院なび

お気軽にご予約
お問い合わせください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ