かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

物忘れ

物忘れが激しい・物の名前が思い出せない

物忘れと認知症

物忘れと認知症

物の名前が思い出せなくなったり、約束事を忘れてしまったりするのは、ある程度の年齢になるとよくあることです。
こうした年齢相応の物忘れは老化現象の一種で、病気ではありません。
ですが、脳神経障害や脳血管障害などで起こる物忘れは認知症という病気で、大きく次のような種類があります。

認知症の種類
アルツハイマー型認知症

脳が委縮していく病気で、記憶を司る海馬のあたりから萎縮が始まり、進行すると認知機能が低下していきます。

脳血管型認知症

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で起こり、損傷を受けた部位によって現れる症状は異なります。

レビー小体型認知症

レビー小体というタンパク質が脳の溜まり、幻視や記憶障害などの特徴的な症状が起こります。

こんな症状は
ありませんか?

  • 人の名前が思い出せない
  • 物の名前が出てこない
  • 何度も同じことを言ったり、聞いたりする
  • しまい忘れ・置き忘れが増えた
  • よく知っている場所で道に迷う
  • 時間や季節の感覚がわからなくなった
  • 財布や家の鍵など、大事なものをなくしてしまう
  • 感情の起伏が激しくなった
  • 性格が変わったように感じる
  • 何ごとにも意欲がわかない

など

このような症状をお感じの方、またそのご家族はお気軽に吹田市・岸辺駅のかわかみ内科へご連絡ください。

認知症と診断された場合には

ご本人とそのご家族のために

ご本人とそのご家族のために

適切な診査・診断により認知症と診断された場合、地域のかかりつけ医として継続的な治療を行わせていただきますので、お気軽にご相談ください。
認知症の治療では薬物療法が中心となりますが、ご本人への治療だけでなく、まわりのご家族の心のケアも大事になります。
認知症の方がおられるご家族の負担軽減のために、福祉・介護の利用などをサポートさせていただきます。

オフィシャルサイトはこちら 病院なび
インタビューページ

お気軽にご予約
お問い合わせください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ