かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

脳卒中

脳卒中とは

脳梗塞・くも膜下出血・脳出血などの脳血管障害

脳卒中とは脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの脳血管障害の総称で、脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、脳の血管が破れたり(くも膜下出血、脳出血)することで、その部分の脳の機能が失われて様々な症状が現れます。

脳梗塞

脳の血管が詰まったり、狭くなったりして血流が悪くなり、脳に十分な酸素や栄養が送られなくなってその先の脳細胞が死んでしまう病気です。

詰まりが起こる血管の太さ、詰まり方などにより“ラクナ梗塞”“アテローム血栓性脳梗塞”“心原性脳塞栓症”に分けられます。

脳梗塞について詳しくはこちら

■主な症状

・身体の片側の痺れ・麻痺

・顔が麻痺して口から水がこぼれる

・視野が欠ける、ものが二重に見える

・ろれつが回らない

・めまいがする・ふらつき

・足がもつれる

など

くも膜下出血

脳の血管でできた脳動脈瘤が破裂すること起こり、これまでに経験したことがない激しい痛みが生じます。

高血圧が原因で起こることが多く、脳内に血液が流れ込んだ場合には命に関わる恐れがありますので、すぐに脳神経内科を受診するか、救急車を呼んで適切な検査・治療を受けるようにしてください。

 

■主な症状

・突然、激しい頭痛が起こる

・吐き気・嘔吐

・頭痛がひどくて立っていられない

など

脳出血

脳の血管が破れて出血した状態で、高血圧などにより動脈硬化が進み、血管がもろくなったところにさらに血圧が加わることで起こります。

 

■主な症状

・頭痛

・身体の片側の痺れ・麻痺

・吐き気・嘔吐

・喋りづらさ

・歩行障害

など

 

急な症状がある時はすぐにご連絡を

ためらわずに受診しましょう

脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの脳卒中には特徴的な症状があり、激しい頭痛、身体の片側の痺れ・麻痺、ろれつが回らないなどの症状が急に現れた時はすぐに脳神経外科を受診するか、救急車を呼ぶようにしてください。

特にこれまで経験したことのない激しい頭痛が突然起こった場合、命に関わる危険があるくも膜下出血の疑いがありますので、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。

 

 

オフィシャルサイトはこちら 病院なび

お気軽にご予約
お問い合わせください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ