かわかみ内科|生活習慣病・脳神経内科NAVI

MENU

WEB予約 お問い合わせ

0663309000

メディア記事

【院長ブログ】糖尿病の分類~1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病の2つがあります。

一般的には糖尿病は2型糖尿病を指すケースが多く見られますが、これは糖尿病患者の全体を見た時に約9095%が2型糖尿病と診断されていることから、そのように言われています。

他には、妊娠中の女性に見られる妊娠糖尿病もあります。

今回は、1型糖尿病と2型糖尿病のそれぞれの特徴のお話をします。

 

インスリンとはホルモンの一種

インスリンとは、血糖値を下げる働きのホルモンの一種です。それでは、血液中のインスリンはどこからくるのでしょうか。

膵臓のランゲルハンス島という部位で インスリンは分泌されます。そのランゲルハンス島にあるβ細胞という細胞がインスリンを作られます。血液によって運ばれた血液中の糖は、細胞に取り込まれてエネルギーとして利用されます。インスリンは血液中の糖を細胞の中に取り込ませる働きがあり、このインスリンにより血液中の血糖値は安定し、通常の場合は、この範囲内で調節されています。血中のインスリンの分泌が、低下したり、働きが低下すると、「口が渇く」「多尿になる」「傷の修復力の低下」「体重の減少」などの症状が現れます。

 

1型糖尿病

1型糖尿病は、膵臓にあるインスリンを作るβ細胞が傷つけられ、インスリンをまったく、あるいはほとんど作ることができなくなる病気です。体内でのインスリンが生成されないので、治療として、体外からインスリンを注射で打つ必要が出てきます。

この1型糖尿病は、主に小児に発症し、遺伝的な関係性は少ないと考えられています。インスリン注射は「自己注射」といって自身で投与を行う必要があります。看護師から詳しい打ち方の指導がありますのでご安心ください。

 

2型糖尿病                     

 2型糖尿病は、膵臓で作られるインスリンの量が不十分であったり、作られたインスリンが十分に機能を発揮しなかったりする病気です。一型糖尿病をインスリン分泌が不十分という意味で「インスリン分泌不全」といい、後者のことをインスリンの作用が弱くなるという意味で「インスリン抵抗性」といいます。「インスリン抵抗性が高い」という言われ方をしますが、これはインスリンの作用が効きにくくなり、さらに悪化した状態であることを指します。

このため、同じだけの血糖を下げるのに健康体の方よりもたくさんのインスリンが必要になってきます。2型糖尿病は、中年層以降の発症が大半を占めており、肥満体型や運動不足、暴飲暴食、遺伝的要因などの関連があります。

こうしたそれぞれの原因に対応すること自体がそもそも治療を進めていくにあたって大切なことです。

運動を行ったり、食事内容の改善をすることで、血糖値を下がる事が可能です。ですが、病状が進行すれば飲み薬やインスリンなどの注射薬が必要となります。

 

 このように、糖尿病の1型と2型では、発症原因や治療、経過、病態などはケースによって大きく異なります。「血糖値が高い」医師からと言われてしまった場合には、ご自身がどちらと診断されるのかを医師にご確認することが、治療をする上でもとても重要になります。

 

オフィシャルサイトはこちら 病院なび
インタビューページ
インタビューページ

お気軽にご予約
お問い合わせください

発熱、風邪の症状がある方は
お電話にてご予約ください

top

0663309000

お問い合わせ

WEB予約

topへ